睡眠不足が肌に良くない

睡眠不足が肌に良くない…というのは、常識ですよね。

 

特に慢性的な睡眠不足はニキビに直結してしまいます。

 

 

基本的に、ダメージを受けた肌は睡眠中に体が自然ケアしていきますから、睡眠リズムが乱れれば肌のケア力は大きく低下することになります。

 

さらに、睡眠不足そのものが大きなストレスとなり、自律神経系の交感神経が優位になってしまいます。

 

ストレスによって交感神経が活発になると男性ホルモンが大量分泌されてしまい、肌バリア機能が破綻し皮脂分泌量が増加してニキビが発生しやすくなってしまうのです。

 

 

では、単に長く眠れば良いのでしょうか?

 

睡眠不足が肌に大きなダメージを与えるのは上に述べたとおりですが、実は長時間寝れば良いというわけでもありません。

 

なぜなら、肌の新陳代謝が活発に行われるのが、眠りだしてから3〜4時間後だからです。

 

ニキビ予防のためには、寝る時間を増やすことより、入眠後に熟睡し、質の良い眠りを目指すほうが合理的です。

 

 

眠りの質は何で決まるの?

 

睡眠には、脳が活動している浅い眠りであるレム睡眠、脳を含めて完全に熟睡しているノンレム睡眠の2つが存在しますね。

 

このうち、肌のターンオーバーが行われやすいのはノンレム睡眠の時間です。

 

入眠から3〜4時間、もっとも肌のケアが活発な時間帯にどれだけ深く眠れるか(ノンレム睡眠)?

 

これがニキビ予防にとって大切です。

最適な睡眠時間とは? あなたが考える肌のゴールデンタイムは間違い?

美肌維持に欠かせないのが“肌のゴールデンタイムに睡眠を取ること”で間違いありません。

 

肌の新陳代謝を促す成長ホルモンは、この時間帯に良質な睡眠を取れるかどうかで分泌量が変わってくるからです。

 

 

その大切な“肌のゴールデンタイム”には、実は諸説存在しています。

 

基本的に肌のゴールデンタイムというのは、肌再生を促す成長ホルモンが分泌されやすい時間帯を指す言葉です。

 

もともとは子どもの成長を促すホルモンとして知られていたのですが、肌のハリ、弾力を維持するのに必要な皮下組織の水分量をキープする働きがあるほか、肌のターンオーバーを促進して古い皮膚を新しい皮膚に生まれ変わらせる力も持っており、美肌を維持するためには不可欠な存在と言われています。

 

別名で“天然の美容液”などとも呼ばれたりするほど、成長ホルモン分泌のために、ゴールデンタイムの間に睡眠を取ることが重要視されています。

 

 

では、いったい“肌のゴールデンタイム”はいつなのでしょうか?

 

これまでの定説は【22時〜2時】でした。

 

この4時間、きちんと睡眠を取ることで肌のターンオーバーが促進されるという説が一般的だったのです。

 

ただ、現代人にとって22時に眠るというのはなかなか難しいですよね?

 

特に仕事をしている場合、残業などもありますから、22時にはまだ家に帰っていないという人もたくさんいるでしょう。

 

そのため「私には、肌のゴールデンタイムに睡眠を取ることは無理だわ」と考えていた人も多いと思います。

 

 

しかし最近になって“肌のゴールデンタイムは入眠後3〜4時間である”という考え方に専門家の間では変わってきており、有力な説となっています。

 

実際、寝はじめてからから3〜4時間の間、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されることが分かっており、重要なのは寝付いてから3〜4時間にしっかり熟睡すること、、質の良い睡眠をとることだと考えられるようになりました。

 

 

もちろん、早寝早起きをしているほうが美容、健康に良いのは間違いないので、可能であれば22時、23時くらいに寝られるとベストでしょう。

 

人間は体温が下がりつつある状態で眠気を感じるので、ベッドに入る3時間ほど前に入浴して、しっかり熟睡しましょう!

睡眠不足は、“肌の寝不足”!

ニキビ、乾燥肌といったトラブルの起こらない美肌を目指すためには、新しい肌へと生まれ変わる新陳代謝(ターンオーバー)のサイクルを維持することが大切です。

 

そして、肌のケアである新陳代謝がもっとも活発に行われるのは、夜睡眠中に行われます。

 

そこで、こちらでは効率的な新陳代謝を促す睡眠の知識について紹介したいと思います。

 

 

まずは、肌のターンオーバー周期を確認しますね。

 

人間の表皮は、内側から順番に基底層、有棘層、顆粒層、角質層という4つの層に分かれています。

 

そして、表皮の細胞は最奥にある基底層で生まれ、時間の経過とともに表面の角質層へと押し上げられていくのです。

 

そして、生体細胞としての役割を終えると角化細胞となり、最後は垢として剥がれ落ち、古い細胞は身体から離れていきます。

 

そして、基底層で生まれた細胞が最終的に角質層から剥がれていくまでの期間をターンオーバー周期と呼んでおり、この周期が28日前後に保たれていると“ターンオーバーが活発に行われている状態である”と表現されるのです。

 

 

ターンオーバーの正常な周期は28日前後ですが、サイクルに異常が生じて周期が延びてしまうと、古い皮膚が長期間にわたって残ってしまうようになり、新しい細胞に入れ替わるのが遅れてしまいます。

 

この結果、角質層のバリア機能が低下し、乾燥肌、ニキビ肌といったトラブルが生じやすくなるのです。

 

もし、長期的に乾燥肌が続いていたり、傷跡がなかなか消えないなどの自覚症状がある場合は、ターンオーバー周期が遅くなり、肌の入れ替わりが停滞している可能性があると思われます。

 

 

ターンオーバーの乱れを防ぐには、睡眠を見直して新陳代謝を活性化する必要があります。

 

美しい肌を保つためには不可欠なターンオーバーは、基本的に睡眠中に活発化します。

 

これは入眠から3〜4時間に脳下垂体から分泌されやすくなる成長ホルモンの作用によって新陳代謝が活性化されるためでしたね。

 

慢性的な睡眠不足、熟睡できていない、あるいは昼夜逆転など、睡眠リズムが大きく乱れてしまっている場合、新陳代謝が起こりづらくなってターンオーバーサイクルが崩れてしまっている恐れもあります。

 

 

肌トラブルを解消するための第一歩は、ターンオーバー周期を28日前後に維持する睡眠習慣です。

 

まずは睡眠習慣をしっかり見直すことが大事です。

 

睡眠の前に光、特にブルーライトを見ていると入眠が妨げられますので、お休み前にはテレビ、パソコン、スマホを控えるなど、生活習慣を改善していくことをおすすめします。

ニキビに効果〜おすすめ化粧品一覧

睡眠不足|ニキビが出来る7大原因関連ページ

ストレス
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
ホルモンバランス
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
皮脂の過剰分泌
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
毛穴詰まり
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
乾燥
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
細菌
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。