ニキビが発生する要因の1つは原因菌の繁殖です。

 

アクネ菌、マラセチア菌といった細菌が増殖すると、赤く腫れて炎症を起こす赤ニキビが発生してしまいます!

 

これらのニキビの原因菌が持っている特徴を確認して、原因菌をはびこらせないための予防法を書いていきます。

顔ニキビの原因は?

顔のニキビはアクネ菌によって起こります!

 

ニキビを引き起こす原因菌がアクネ菌、あるいはアクネ桿菌(かんきん)と呼ばれる細菌であることは、聞いたことがあると思います。

 

正式名称はプロピオバクテリウム・アクネスと言いますが、一般にはアクネ菌という名前で知られています。

 

 

そんな、憎きアクネ菌ですが、決して特別な細菌ではありません。

 

アクネ菌もいわゆる常在菌です。

 

 

常在菌とは、簡単に言えば、普段から人間の身体に住み着いている細菌のことで、代表的な常在菌には腸管内に腸内細菌が挙げられます。

 

 

アクネ菌は、空気が入らず、脂肪分が多い場所に住み着く習性を持っています。

 

だから、皮脂が溜まっていて、なおかつ出入り口が角栓で塞がれ空気が入りにくい面皰の中に入り込むわけです。

 

常在菌であり、ブドウ球菌の次に多く存在しているため、完全にゼロにすることは根本的に不可能です。

 

ですから、アクネ菌を除去するのではなく“アクネ菌が入り込んでニキビを発生させてしまう”ような面皰、角栓によって塞がれた毛穴を作らないようにすることが、ニキビ対策となります。

 

 

ただ、面皰が出来てしまっても、ニキビが悪化して炎症を起こすのを防ぐ方法は存在します。

 

炎症が起こるのは遊離脂肪酸が酸化されて過酸化脂質になった場合です。

 

ビタミンCやビタミンE(トコフェロール)といった抗酸化物質や、その誘導体を含む化粧水を用いれば、抗酸化作用によって脂肪酸の酸化を防ぐことが可能ですし、脂質代謝を助けるビタミンB2を摂取すれば、酸化される前に脂質を代謝、排出できる可能性が高まります。

 

赤みを帯びたニキビになるより前の段階で悪化を止められれば、少なくともニキビ跡が残る心配はないわけです。

身体ニキビの原因は?

ニキビは顔だけに出来るわけではなく、身体に出来ることもあります。

 

代表例は背中ニキビ、胸ニキビ、お尻ニキビなどがよく挙げられます。

 

そんな身体ニキビに悩んでいる方は、マラセチア菌による毛包炎(もうほうえん)を疑ったほうが良いかもしれません。

 

 

顔ニキビの所で書いたように、ニキビの原因は一般にアクネ菌とされていますが、実はすべてのニキビがアクネ菌によって発生するわけではありません。

 

身体にできるニキビについては、マラセチア菌という別の菌によって引き起こされているのが普通です。

 

 

マラセチア菌によるニキビは、背中、肩、二の腕、胸といった部位にできやすいです。

 

アクネ菌のニキビと比較すると、あまりかゆみや痛みを伴わないのが特徴です。

 

この種の身体ニキビは、マラセチア毛包炎というのが正確な病名で、厳密には顔ニキビ(尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう))と区別されているのです。

 

 

ちなみにマラセチア菌は真菌というカビの一種です。

 

いわゆる顔ニキビより、自然治癒の可能性が低いです。

 

 

マラセチア菌はアクネ菌と同様に、皮膚に住みついている常在菌の1つです。

 

アクネ菌と同じく、皮脂分解酵素のリパーゼを分泌し、皮脂を遊離脂肪酸とグリセリンに分解、遊離脂肪酸が酸化されると毒性のある過酸化脂質に変化し、炎症へと発展します。

 

マラセチア菌にはマラセチア・ダーマティス、マラセチア・シンポディアリス、マラセチア・グロボーサ、マラセチア・ファーファー、マラセチア・レストリクタの5種類が存在します。

 

このうちマラセチア・ファーファーは毛穴に侵入した時点で異物と認識される性質があり、すぐに免疫反応による炎症が発生します。

 

基本的にアクネ菌と同様、マラセチア菌も皮脂や湿気の多い場所を好む性質があります。

 

頭皮で増殖すると脂漏性脱毛の原因にもなるので気をつけて下さい。

 

身体を清潔に保つことが何よりも大切な予防法となります。

原因菌はどうやってニキビを引き起こすの?

それでは、アクネ菌、マラセチア菌といったニキビの原因菌がどのようなメカニズムでニキビを引き起こすのでしょうか?

 

ニキビ菌というのは常在菌の一種で、すべての人の皮膚に住んでいるものです。

 

だからといって、100%ニキビを発症するわけではないのです。

 

いくつかの条件が揃わなければ、原因菌が毛穴の炎症を引き起こすことはありません。

 

それらの条件を満たさないように注意してさえいれば、炎症を起こしてニキビにならないのです。

 

 

ニキビの原因菌であるアクネ菌、マラセチア菌はいずれも嫌気性と呼ばれる性質を持っており、空気に触れることを苦手としています。

 

だから、角栓によって出入り口が塞がれた毛穴の中に好んで住みつくのですね。

 

さらにニキビ菌は好脂性という特徴もあり、油脂をとても好みます。

 

毛穴の中にはどんどん皮脂が溜まっていきますから、まさに原因菌にとって最高の環境!ということなるのです。

 

 

何度か書いているように、乾燥によって角質層の水分が失われるとラメラ構造を維持できなくなり、バリア機能は破綻し、角質がバラバラとはがれ落ちるようになってしまいます。

 

なので、これらのニキビ菌の増殖を止めるには、保湿&女性ホルモンがカギとなります!

 

女性ホルモン優位の状態を保つことで毛穴収縮、皮脂過剰を防げることが分かります。

 

男性ホルモンはストレスを感じたときに分泌されやすくなりますから、精神面、環境面を含めてストレスフリーな生活習慣にシフトすることが必要になります。

 

あとはやっぱり保湿ケアが重要です。

 

保湿ケアで、ニキビの原因菌である、アクネ菌、マラセチア菌を作らないようにケアしましょう!

ニキビに効果〜おすすめ化粧品一覧

細菌|ニキビが出来る7大原因関連ページ

ストレス
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
ホルモンバランス
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
皮脂の過剰分泌
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
毛穴詰まり
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
乾燥
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
睡眠不足
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。