“ニキビは皮脂のせいで発生する”と考えられているようですが、皮脂はニキビを悪化させる原因であって、根本原因ではありません。

 

根本原因は、角栓によって毛穴が詰まってしまうことです。

 

そして、出口を塞がれた毛穴に皮脂が溜まることで悪化していくわけですね。

 

ニキビは、毛穴詰まりによって、毛穴の奥が炎症を起こし、最悪の場合は治癒したあともクレーターのように陥没した跡が残ってしまうこともある、美容の大敵です!

産毛とニキビ 〜顔の産毛を剃るとニキビが出来ない?

人の身体にはおよそ120万個、顔だけでも20万個ほど存在するといわれる毛穴。

 

ニキビは、その毛穴に生じる炎症ですが、実は毛穴には3種類あります。

 

軟毛性毛包、脂腺性毛包、終毛性毛包の3つです。

 

3つはそれぞれに異なる特徴を持っています。

 

・軟毛性毛包・・・産毛を生やす(顔や頭の産毛が生える毛穴)

 

・終毛性毛包・・・髪の毛、脇毛といった目立つ毛を生やす(腕や足、ヒゲや髪の毛が生える毛穴)

 

・脂腺性毛包・・・大きく発達した複数の脂腺を備え、活発に皮脂分泌を行う(顔・胸・背中・首などにある毛穴)

 

 

軟毛性毛包は、脂腺が発達していないために、皮脂の分泌はありません。

 

基本的に、ニキビになりやすいのは脂腺が発達した脂腺性毛包なんです。

 

 

毛穴と呼ばれている以上、基本的には細く短い産毛を生やしますが、脂腺のみで毛が生えない毛穴も存在します。

 

顔に存在しているほか、胸部、背中の中央にも多く存在しており、ニキビの原因となっているのです。

 

 

産毛を剃るとニキビが出来にくくなるって本当?

“顔の産毛を剃るとニキビが出来ない”といったニキビ予防効果を唱える人がいます。

 

余分な皮脂、汚れといった悪玉アクネ菌の増殖を助けてしまうものが、産毛に絡んでいることが多いため、不衛生な産毛が大量に生えていると、付近のニキビを悪化させてしまう要因になることは否定できません。

 

そういった意味では、定期的に顔そりを行って産毛を処理することは悪くない選択ですが、皮膚を傷つけると逆効果ですので優しく行ってください。

 

特にニキビが出来ている時に、カミソリでムダ毛処理をするのは避けるべきです。

 

カミソリの刃を当てると、角質層を傷つけてしまうからです。

脂毛穴(脂腺性毛包)とニキビ

脂腺が発達した脂腺性毛包(しせんせいもうほう)は、ニキビになりやすいと書きました。

 

ではどのようにして、脂腺性毛包にニキビが発生するのでしょうか?

 

 

まず、最初の段階で、脂腺性毛包(脂毛穴)が、角栓によってフタをされてしまいます。

 

この状態は微小面皰と呼ばれ、面皰の中に脂が溜まっていくと、目に見える白ニキビという状態になります。

 

そして、面皰内に角化物質、脂肪酸、そしてニキビの原因菌であるアクネ菌が溜まり、押し上げられていきます。

 

表面から顔を出した皮脂は酸化され、黒くなっているため、外見的にも目立ち始めます。

 

これがいわゆる黒ニキビです。

 

 

充満した物質が面皰に収まりきらなくなると、面皰が壊されて、炎症が発生し、赤く腫れあがります。

 

この状態を赤ニキビと言います。

 

 

ここまで悪化すると、美容面でも非常に問題がありますし、痛みを伴うこともあるでしょう。

 

さらに炎症が進み、毛穴の下部に血液、膿が溜まった状態、いわゆる嚢腫(のうしゅ)となります。

 

ここまで来ると、炎症が引いた後も、クレーターのような陥没が生じて、美容を損なう恐れがでてきます。

 

毛穴の1つに過ぎなかった脂腺性毛包が、これほどまでに大きな炎症へと発展してしまうわけですから、何としても初期段階で治療したいところです。

ムダ毛とニキビ

3種類ある毛穴の1つ、終毛性毛包とニキビにどんな関連があるのでしょうか?

 

終毛性毛包は、太く長い髪の毛、ヒゲ、脇毛といった体毛全般を生やしています。

 

現在の女性にとっては、「いらない!」という人も多いと思います。

 

 

終毛性毛包の特徴としては、毛髪やムダ毛といった目立つ体毛を生やしていることに加え、脂腺性毛包ほどではないものの、それなりに発達した脂腺を持っていることです。

 

ただ、産出された皮脂が毛の成長に合わせて押し出されてくるため、毛穴の中に皮脂が溜まってニキビになることはほとんどありませんよ。

 

 

女性の場合、男性のように太いヒゲが生えることはまずありませんから、基本的に顔には終毛性毛包がありません。

 

 

以上のように、髪の毛、ヒゲ、脇毛といった太く長い毛を生やしている終毛性毛包の場合、産生された皮脂が毛の成長と同時に押し出されてきますから、ニキビになる可能性はかなり低いです。

 

ただ、ニキビができないからといって、あらゆる皮膚炎と無縁というわけではありません。

 

頭皮湿疹などが、最近いわれるように、炎症などはおこります。

 

ですから、ニキビだけでなく、あらゆる肌トラブルに注意し、肌バリアの機能を維持することが重要です。

ニキビに効果〜おすすめ化粧品一覧

毛穴詰まり|ニキビが出来る7大原因関連ページ

ストレス
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
ホルモンバランス
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
皮脂の過剰分泌
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
乾燥
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
細菌
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
睡眠不足
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。