ここでは、乾燥肌とニキビ肌のWで悩んでいる女性を救済するため、肌のバリア機能をケアするための対策をお知らせします。

 

 

肌の角質層が乾燥するとバリア機能が破綻してしまいます。

 

バリア機能が低下すると異常角化によって角栓が出来やすくなり、ニキビの原因である、毛穴詰まりを起こしやすくなります。

 

また、角質層のバリアが弱ると肌表面を保護するために皮脂膜を張ろうとして皮脂の分泌量が増えてしまいます。

 

毛穴が詰まって、そこに皮脂が溜まるのがニキビですから、肌バリアの機能低下はニキビの根本原因となります。

 

 

では、肌の乾燥を引き起こすのは冬でしょうか?夏でしょうか?

 

一般的には、空気が乾燥する冬のほうが乾燥しやすく、むしろ夏は脂性肌に注意するべきだという、イメージがありますが、実は季節を問わず乾燥肌のリスクは存在しています。

冬の肌乾燥とニキビの関係

ニキビは「夏場に出来るもので、乾燥肌ならニキビにはならない」と思っている人がよくいます。

 

どうやら、“ニキビは脂性肌の時に起こるもの”と認識されているようで、ともすると“乾燥していればニキビは出来にくい”といった考え方が蔓延しているに見受けられます。

 

しかし、実は肌の乾燥はニキビ発生の主原因の1つ。

 

実は、大人のニキビは、むしろ乾燥しやすい冬場にこそ悪化します。

 

 

ではなぜ、乾燥肌でニキビが出来るのでしょう?

 

 

そもそもニキビの根本原因は皮脂ではなく、角栓によって毛穴が詰まり、面皰(めんぽう)が生じることです。

 

こうして塞がれてしまった毛穴に皮脂が溜まることで、面皰は白ニキビ(コメド)へと悪化していきます。

 

これらを総合的にまとめると、ニキビ発生の原因は“角栓が毛穴を塞ぐこと”であり、皮脂はあくまでもニキビ悪化を促す要因です。

 

であれば、乾燥肌であっても、ニキビが発生する可能性は充分にあるわけです。

 

 

重要なのは、乾燥肌は水分が足りない状態を指しているのであって、油分については何も言及していません。

 

同様に、脂性肌も油分が多すぎることを示しているだけで、水分が足りているとは書かかれていないのです。

 

なぜなら、水分と油分で角質細胞の隙間を埋め、肌を守り肌内部の水分が蒸発しないよう繋ぎ止めているのです。

 

これが“肌のバリア機能”と呼ばれるシステムで、バリア機能が機能していれば、ほとんどの肌トラブルは未然に防ぐことが可能です。

 

今現在、あなたが自覚している症状が乾燥肌でも脂性肌でも、肌のバリア機能に問題が生じているという点で同じであると考えてください。

 

 

なぜ、乾燥肌でも脂性肌でもでも同じことと言うのか?といえば、先ほど書いたように、肌バリアは皮膚内部、例えるなら本丸を守る最後の壁なのです。

 

このバリア機能が弱まると、皮膚は大量の皮脂を分泌し、皮脂膜を厚くしていきます。

 

こうなると、角質が乾燥して柔軟性が失われ、毛穴が角栓によって塞がれちゃいます。

 

そして分泌過剰になった皮脂が、毛穴に溜まっていってしまう、、、というニキビ悪化の方程式が成立してしまうことになるのです。

 

だから、実は乾燥肌の人はほぼ全員、皮脂の分泌過剰を引き起こし、ニキビが出来やすい状態になっているのです。

 

 

まとめると、大人ニキビは乾燥しやすい冬場にこそ悪化する傾向があります。

 

徹底保湿によって肌本来のバリア機能を復活させることがニキビ改善の最重要ステップです。

 

また、急激な寒暖差などで身体に負担がかかると男性ホルモンが優位になってしまい皮脂の過剰分泌を促してしまうので、半身浴で身体を温めるなどの工夫も有効です。

夏の肌乾燥とニキビの関係

夏場は湿度が高いですが、外部刺激が多くなるため、実は乾燥肌に注意するべき季節になります。

 

湿度が高いからといって、乾燥肌にならないというわけではありません。

 

 

なぜ湿潤なはずの夏に、なぜ乾燥するのでしょうか?

 

それは、肌本来のバリア機能が十全に機能している限り、肌内部の水分が奪われることはないということ。

 

逆に言えば、肌バリアが破綻している場合、いくら周囲の湿度が高くとも、水分は奪われてしまうのです。

 

日本の夏は湿度が高いといっても、やはりバリア機能に問題が生じれば、乾燥肌になるのです。

 

肌のバリア機能を司っているのは、角質層の内部にある細胞間脂質であり、水分と油分を層状に組んだラメラ構造という形をつくって、角質内の水分が蒸発するのを防ぎ、同時に外部刺激のダメージをシャットアウトしています。

 

外部からの刺激が強ければ、このラメラ構造が崩されてしまい、バリア機能が失われてしまうのです。

 

この状態のことを敏感肌と呼びます。

 

敏感肌になってしまうと、角質に水分を留めておくことが困難になり、乾燥肌になるのです。

 

こうして、乾燥を原因とする大人ニキビが発生するわけです。

 

 

なぜ夏場はバリア機能が破綻しやすいのでしょう?

 

はい、夏は紫外線が強い上、外で活動する時間が長くなりがちなので、肌は常に攻撃を受け続けているような状態です。

 

また、多量の汗をかくことから顔の“洗いすぎ”や、室内のクーラーの効きすぎによる湿度の低下で起こる乾燥も原因の1つになります。

 

さらには、人間の身体は急激な温度変化を物理的ストレスとして受け取るため、屋外と屋内を行き来するたびにストレスを感じ、ストレス反応で交感神経が刺激され、交感神経優位になります。

 

この状態は肌バリアの機能低下を引き起こす男性ホルモンが分泌されやすくなるため、内分泌の問題からも肌のバリア機能にダメージが与えられてしまいます。

 

 

では、夏場の保湿ケアはどうすればいいのでしょうか?

 

セラミド、NMFといった細胞間脂質の保湿力を補助してくれる、保湿化粧品を用いるなどして、しっかりとケアしておきましょう。

 

また、外部刺激の紫外線を避けるために、PA+++、SPF30くらいまでのUVケア製品を、一定の時間おきに使用するほうが効果的です。

 

保湿ケアとUVケアを行った上で、温度変化による肌ストレス対策のために羽織るものを持ち歩いていれば、それだけでもかなり差が出るはずです。

 

 

 

 

確かに夏場は湿度が高いですが、紫外線、エアコンといった外部刺激が多い季節です。

 

夏は乾燥肌に関係ない!と思わず、逆に肌のバリア機能が低下しやすく、実は乾燥肌によるトラブルを起こしやすいと考えておいてください。

 

大人ニキビの主原因は肌バリアの機能が弱まって、角栓による毛穴詰まりが起こりやすくなることですよ。

 

紫外線対策、保湿ケアを重視して、肌本来のバリア機能が低下しないよう、他のシーズン以上に肌に気を使ってあげましょう。

保湿対策の重要度

肌バリアの機能低下がニキビの原因になることは、先ほど書いたとおりです。

 

ニキビを作らないためには、バリア機能をいかに維持するかが、重要ということになります。

 

要するに、乾燥するとバリア機能が落ちるのですから、徹底的に保湿ケアをすれば、バリア強化が見込めるのです。

 

冬だけでなく、季節を問わずに、常に保湿対策を行うことがニキビ対策になります。

 

 

ちなみに、最近の研究では、肌の水分量は子供の頃のほうが少なく、大人になるにつれて増加していることが分かりました。

 

これまでは“子供の水分量は80%、大人は65%”などと言われていましたが、それは身体全体の水分量の話なのです。

 

実は子供より大人の肌の方が湿潤なのです。

 

肌だけに関していえば、大人のほうが水分量は多く、それゆえに水分不足が起きた場合のダメージも著しいのです。

 

ぜひ日頃から肌の水分量維持を念頭に置いた保湿ケアを続けてくださいね。

ニキビに効果〜おすすめ化粧品一覧

乾燥|ニキビが出来る7大原因関連ページ

ストレス
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
ホルモンバランス
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
皮脂の過剰分泌
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
毛穴詰まり
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
細菌
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
睡眠不足
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。