ホルモンバランスは、ニキビ予防と密接な関係があります

 

ここでは、ホルモンバランスがニキビに与える影響について書いていきます。

 

世間一般でも“ホルモンバランスが崩れるとニキビが出来やすくなる”という事実はよく知られているようですが、ではなぜ出来やすいかの具体的なメカニズムについて知っている人は多くありません。

 

そこで、誰にでもわかりやすく、ニキビとホルモンの関係をお伝えしていきます。

男性ホルモンがニキビに与える影響

“男性ホルモンは男性が持っているホルモンじゃないの…?”と考えている人もまだ多いようなのですが、基本事項として、女性の体内でも男性ホルモンは作られます。

 

逆に男性の体内でも女性ホルモンは作られています。

 

そして、女性の場合、体内の男性ホルモンが増えすぎると、辛い大人ニキビの原因になってしまうのです。

 

ではなぜ、男性ホルモンの増加で、大人ニキビに悩む女性が多いのか?と言うことについて、男性ホルモンの働きをみていきます。

 

 

男性ホルモンのアンドロゲンは、皮脂全体の約5割に相当するトリアシルグリセロール(トリグリセリド)の分泌を促進してしまうことは、医学的にも本当の事です。

 

さらに、アンドロゲンは角化細胞(ケラチノサイト)の増殖を促し、肌の角質を増やしすぎる“異常角化”という状態をつくって、毛穴が角栓によって塞いでしまいます。

 

毛穴が詰まり、そこに皮脂が溜まるのがニキビの始まりです。

 

それを考えれば、ニキビにつながる2つ原因である、トリアシルグリセロール(トリグリセリド)の分泌と角化細胞(ケラチノサイト)の増殖を促進する男性ホルモンがニキビ生成に大きな影響を与えています!

自分のニキビが男性ホルモンによるニキビなのか?そうでないのか?

もちろん、すべてのニキビが男性ホルモンの影響ではありません。

 

自分のニキビが男性ホルモンによるニキビなのか?そうでないのか?をチェックする方法があります。

 

それは、顔の側面、もみあげから顎にかけてのUゾーン、あるいは鼻の下・口周りにニキビが出来やすい方は男性ホルモンが原因となっている可能性が高いです。

 

このUゾーンや口周りは男性ホルモンの影響を受けやすい部位です(男性だとヒゲが生えやすい位置に相当しますよね)。

 

女性の場合、ヒゲが生えない代わりに、男性ホルモンの影響で大人ニキビが出来てしまうわけなんです。

ニキビの原因である男性ホルモンが優位になってしまうのは何で?

大人ニキビの主な原因が男性ホルモンであることは、上に書いたことで理解してもらえたのではないかと思いますが、では、どうして女性なのに男性ホルモンが優位の状態になってしまうのでしょうか?

 

一番の原因は不規則な生活、ストレスによるホルモンバランスの乱れです。

 

こういったストレスを受けると、自律神経のうち交感神経が優位になり、身体全体が緊張、興奮状態になってしまいます。

 

交感神経は男性ホルモンの分泌を促すので、交感神経が活発な状態が長く続くと、結果的に男性ホルモン優位の体質へと変わってしまうわけです。

 

この影響が肌に表れたて、大人ニキビに悩まされることになるんですね。

まとめ 〜男性ホルモン

  • 20代以降に発生する大人ニキビの多くは、男性ホルモンの働きによって引き起こされていることが多い。
  •  

  • 特にUゾーンにニキビが出来ている場合、男性ホルモンによる大人ニキビであると考えていい。
  •  

  • ストレスによって交感神経が活発になると、男性ホルモンが分泌されて大人ニキビが悪化する傾向にあるので、まずはリラックスして副交感神経優位となるような生活習慣を取り入れることが重要。

女性ホルモンがニキビに与える影響

大人のニキビを予防、緩和するためには女性ホルモンの力を借りるのがベストです。

 

なぜ女性ホルモンがニキビを予防するために良いのか?どのような役割を果たしているのか?を解説しますので、ニキビの治し方を知りたい方や、美しい肌を守るためには何をすれば良いのかを知りたい方は要チェックです。

 

 

女性ホルモンが肌に与える影響とは?

 

まず、女性ホルモンといっても種類は1つではありません。

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)の大きく2つに区分されていて、それぞれ働きが違います。

 

 

  • エストロゲン・・・皮脂分泌を抑え、きめ細かい肌を保ちます
  •  

  • プロゲステロン・・・皮脂分泌を促します

 

 

生理前になると肌荒れするのは、このプロゲステロンの影響です。

 

 

ニキビというのは毛穴が角栓で詰まり、そこに皮脂が溜まることで生じます。

 

要するに、ニキビが出来る第一段階は、角栓によって毛穴が塞がれてしまうことで、その原因は、男性ホルモンの働きによって角質細胞が過角化してしまい、角質層が柔軟性を失うことでしたね。

 

過角化するというのを具体的に言うと、肌が乾燥するのを防いでくれる天然保湿因子、さらに外的刺激から守ってくれるセラミドといった細胞間脂質が失われることを指しています。

 

 

女性ホルモンのエストロゲンは、男性ホルモンとまったく違い、上記の逆の逆の働きを持っています。

 

角層の細胞間脂質であるセラミド、天然保湿因子が構成するバリア機能を強化し、水分をたっぷり含んだ肌を維持してくれるわけです。

 

この状態では角質細胞が過角化しませんから、角質層は柔軟な状態を保ち、毛穴が簡単に塞がるようなことはありません。

 

毛穴が角栓で塞がらなければ、仮に皮脂が多量に分泌されたとしても、毛穴の中に溜まってしまうことがないので、ニキビになることはないのです。

 

そのため、女性ホルモンは、ニキビ予防の救世主なんです!

ホルモンの乱れが及ぼすニキビ発生への影響は?

それでは最後に、ホルモンバランスが崩れることによって、ニキビが生じるメカニズムについてお伝えしておきます。

 

 

ニキビへの関連が深いのは、女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロン、そして男性ホルモンのアンドロゲンといった性ホルモンでした。

 

これらのホルモンバランスの重要性を知ることが、ニキビ予防の第一歩です。

 

 

簡単にいうと、男性ホルモンには皮脂分泌を促す働きがあり、逆に女性ホルモン(エストロゲン)には皮脂を抑える働き、そして肌本来のバリア機能を強化させる性質があります。

 

これらのホルモンが理想的なバランスを保っていれば、バリア機能が充分に働く上、皮脂分泌量もベストの状態を維持できますから、多少の刺激を受けても肌トラブルは発生しません。

 

トラブルは、基本的にホルモンバランスが崩れた時に起こるものです。

 

 

まとめると、男性ホルモンが大人ニキビを発生、悪化させる方向に働き、女性ホルモン(エストロゲン)がニキビを予防、改善する方向に働くということになります。

 

実際、妊娠安定期に肌がキレイになることが多いのですが、これも女性ホルモンの量が大幅に増加することが理由です。

 

こういった事実をみても、ホルモンバランスとニキビには密接な関連があることがよく分かります。

ニキビに効果〜おすすめ化粧品一覧

ホルモンバランス|ニキビが出来る7大原因関連ページ

ストレス
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
皮脂の過剰分泌
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
毛穴詰まり
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
乾燥
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
細菌
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。
睡眠不足
ニキビが出来る7大原因として、「ストレス」「ホルモンバランス」「皮脂の過剰分泌」「毛穴詰まり」「乾燥」「細菌」「睡眠不足」が挙げられます。ここでは、ニキビ発生のメカニズムを知ることによって、ニキビ予防やケアに役立つことを書いていきます。