注目の保湿成分表

ヒアルロン酸 強い保水力を持ち、小ジワの改善に高い効果を発揮する。最近では角質層を越え、真皮にまで届くというその浸透性が注目され、たるみをなくし、肌にハリを出す効果も期待される。
セラミド 角質層に備わる細胞間脂質の成分のひとつで、角質のバリアの役割を果たす。乾燥肌やアトピー肌の人は不足しがちなため、化粧品で補うことで、保湿に役立てることができる。
水溶性コラーゲン 皮膚などに含まれている繊維状のたんぱく質。保湿効果、皮膚の保護効果があり、シワの発生を抑えて、皮膚の再生機能を促す効果がある。衰え始めた肌にハりとツヤを与えたい人におすすめ。
ピロリドンカルボン酸 もともと皮膚の角質層に含まれているのNMF (天然保湿因子)のひとつ。角質細胞に水分を保持させる効果があり、角質細胞をやわらかくするので、皮膚の弾力が増す効果も期待できる。
褐藻エキス 海藻から得られる成分で、アミノ酸や保水力の高いアルギン酸などを含む。保湿効果に加えて、皮膚をやわらかくする効果があるという。
ローヤルゼリー 女王バチの体表面から吸収される成分で、皮膚の細胞を活性化し、皮膚組織の新陳代謝を促す働きがある。保湿効果のほかにも、小ジワやシミを防ぐ効果がある。
エラスチン コラーゲンとともに皮膚を構成している物質で、皮膚の弾力を維持する働きをしている。肌のハリを若々しく保ち、小ジワやたるみを防ぐという。
ベタイン トリメチルグリシンともいう。サトウダイコンや綿実などの植物に含まれている天然成分。水分保持力にすぐれており、乾燥肌の人にはとくにおすすめ。
テアニン L-テアニンとも呼ばれる。茶葉から抽出される成分で、玉露のうま味成分として知られている。皮膚を構成しているケラチンとともに働いて、水分を長時間保持する効果がある。
エリスリトール 水を引き寄せる性質のある糖アルコールの一種。安全性の高い保水成分として用いられている糖アルコールの新しい成分で、浸透のよさとべタつきの少な使用感で注目株。
トレハロース サボテンや海藻など広く天然に存在する成分。水の分子を吸着し細胞に留めさせて、乾燥から細胞を保護する働きがあり、保湿効果が高い。
乳酸ナトリウム 天然保湿因子のひとつで洗顔などで失われやすい。保湿作用のほかに、角質をやわらかくする働きや穏やかな収れん作用がある。乳液にも含まれていることが多い。

化粧水の目的は水分補給。脂性肌か乾燥肌かを基本に選ぶ

洗顔で汚れが取れた肌は、皮脂や自然の保湿剤(NMF)、セラミドも少なくなり、角質の中の水分が蒸発しやすい状態になっています。

 

そのままにしておくと、どんどん乾燥して小ジワができてしまうので、化粧水で水分を補給してあげなくてはなりません。

 

化粧水は、一般に、オイリースキン用、ドライスキン用、ノーマルスキン用の3タイプに分かれています。

 

基本的には、成分のほとんどが水分で、その蒸発を防ぐために保湿剤を加えてつくられています。

 

オイリースキン用のものにはアルコールがプラスされていて、一時的に皮脂の分泌を抑えるので、さっぱり感があります。

 

ドライスキン用には保湿成分が多めに配合されています。

 

その中間がノーマルスキン用です。

 

どのタイプを選ぷかは、自分の肌質をよく見て決めますが、基本的にはノーマルスキン用のもの、アルコールが含まれないものを使うのがよいでしよう。

 

そして、部分的に乾燥している部分には美容液や乳液を使ったり、脂っぽいところはオイリースキン用の化粧水で引き締めるといった使い分けをすることをおすすめします。

美容液は水分を肌にとどめる保湿成分がポイント

美容液は、乾燥を防ぐための保湿成分を補うものです。

 

化粧水にも保湿成分は入っていますが、美容液はその濃度がずっと高いのです。

 

美容液に含まれる保湿成分には、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチン、海藻エキスなど、さまざまなものがありますが、どれも水分をとどめるには効果的です。

 

美容液を選ぶときに覚えておきたいのが、保湿成分には油分は無関係ということです。

 

オイルが含まれるものは、オイリースキンにはもちろん向きませんし、ノーマルスキンの人でもベタつきます。

 

成分表示をよく見て、ノンオイルのものを選ぶようにしましょう。

ニキビに効果〜おすすめ化粧品一覧

注目の保湿成分関連ページ

ニキビの占い・ジンクス
ニキビの占いというのも結構あるもんですね。昔、「想い想われ振り振られ・・・」って聞いた事があります。あなたも「思われニキビができちゃった〜!」「両思いみたい♪」などと喜んだことはありませんか? 普段は憂鬱なニキビですが、いい意味のニキビなら少しは嬉しくなるかもしれませんので、ニキビができる場所・位置別に調べたことをまとめてみました〜\(^o^)/ あくまで、占いなので気軽な気持ちで、楽しく見てくださいね♪悪いことなら見て見ぬふりで・・・
にきびの基本情報
ニキビができる場所・位置による、原因とケア方法をご紹介します。
大人ニキビと思春期ニキビ
大人ニキビと思春期ニキビができる場所や位置とその特徴をご紹介します。
注目の美白成分
最近の美白化粧品は、最近の理論に基づく美白成分の進歩を取り入れており、かなりの期待ができるようになりました。 その美白成分にはどのようなものがあるのか、みていきましょう!