注目の美白成分表

ビタミンC誘導体 今、最も注目の成分。ビタミンCにリン酸を加えて安定化したもので、肌の奥の細胞へと浸透する。シミ、シワ、ニキビ跡にも効果が期待できる。活性酸素を抑えるため、ニキビの炎症も防ぐ。
コウジ酸 米コウジから見つけだされた美白成分。メラニン生成酵素チロシナーゼを抑制、目の下にできる肝斑というシミや、日焼け後のシミ予防に効果を発揮する。シミ予備軍に働きかける力も。
アルブチン 高山植物のコケモモなどに含まれる成分で、チロシナーゼを抑制しメラニンの生成を抑える。安定しているが、浸透性はやや劣るとされ、効果を得るには高濃度で用いる必要がある。
エラグ酸 メラニンをつくる酵素チロシナーゼの働きをブロックすることでメラニン生成を抑える。エラグ酸入りの製品は安価なものが多いので、顔に限らず首や腕などのシミ対策にもおすすめ。
ルシノール 米国でシミの治療に使われるハイドロキノンによく似た物質。メラニン抑制効果が高く、細胞への害も少ない。アルブチンなどに比べ肌への浸透性が高いので、少ない量で効果を発揮する。
ルムプヤン 保湿エキスと表示される。インドネシア産のショウガ科植物からとった美白成分で、メラニン生成酵素の遺伝子がつくられるのを抑えてメラニン対策をするという。
カモミラET カミツレエキスとも表示される。メラニン生産を高める指令を出す物質エンドセリンを抑制することでメラニン生成を抑える。シミや美白したい人に向く。
クジンエキス 表示上は保湿成分。クジンという植物からとった美白成分で、日焼けやシミの部分から分泌されるメラノサイト刺激ホルモンという物質の働きを抑え、生産を抑制する。
火棘エキス 火棘というバラ科の植物から抽出した美白成分。表示では保湿成分となる。活性酸素を消去する効果が高く、シミの防止と改善に効果が期待される。紫外線による皮膚の炎症を抑える効果も。
油溶性甘草エキス 表示では保湿エキス。甘草という植物から油で抽出した美白成分で、高い美白力を持つ。チロシナーゼの働きを抑え、活性酸素を消去する効果もある。肝斑の治療に用いることもある。
ラズべリーケトングルコシド 最新美白成分のひとつで、分類上は保湿成分。シミの原因となる一酸化炭素を消去することで、シミを防ぐ。紫外線を浴びたあと、早めに使用すると、高い効果を発揮する。
ソウハクヒエキス クワエキスとも呼ぱれ、クワの根の皮を乾燥させたものから抽出する。オキシレスべラトロールという成分に、チロシナーゼの働きを抑制する作用があり、白い肌を保つ。

最近の美白成分はかなり優秀

今、美白成分には大きく分けてふたつの系統があります。

 

メラニン色素は皮膚のメラノサイトという組織でつくられますが、ひとつは、ここで働くチロシナーゼをブロックするもの。

 

チロシナーゼは、メラニン色素の生成を促す酵素で、その働きを抑えて、メラニン色素がつくられにくくするわけです。

 

もうひとつは、メラノサイトに「メラニンをつくれ」という指令を伝える情報伝達物質を抑えるもので、メラニン増産にブレーキをかけます。

 

こうした最新の理論に基づく美白成分の進歩は、かなりのもの。

 

化粧品にも、だいぶ頼りになるものが出てきています。

 

ただし、色黒肌の人が美白剤を使ったとたんに色白になるつもりでいたり、濃いシミまで化粧品で消えるように思うのは期待しすぎです。

 

地道に使えば、くすみを改善したり、シミを防ぐことはでさますが、濃いシミを消すようなことは化粧品の仕事ではありません。

ドクターズコスメは高濃度だが不安定な面も忘れないで

さまざまな美白成分のなかでも、最も注目株はビタミンC誘導体でしょう。

 

ビタミンCにリン酸を結合させたもので、肌への浸透力が決定的に違います。

 

ただ、化粧品の成分にビタミンCと書かれているのは、製品の酸化防止剤の可能性が高いので、気をつけて。

 

最近では有効成分が高濃度で配合されているドクターズコスメへの期待も高いようですが、効果が期待できる反面、不安定でもあるので、その点は心得ておいてください。

 

ニキビに効果〜おすすめ化粧品一覧

注目の美白成分関連ページ

ニキビの占い・ジンクス
ニキビの占いというのも結構あるもんですね。昔、「想い想われ振り振られ・・・」って聞いた事があります。あなたも「思われニキビができちゃった〜!」「両思いみたい♪」などと喜んだことはありませんか? 普段は憂鬱なニキビですが、いい意味のニキビなら少しは嬉しくなるかもしれませんので、ニキビができる場所・位置別に調べたことをまとめてみました〜\(^o^)/ あくまで、占いなので気軽な気持ちで、楽しく見てくださいね♪悪いことなら見て見ぬふりで・・・
にきびの基本情報
ニキビができる場所・位置による、原因とケア方法をご紹介します。
大人ニキビと思春期ニキビ
大人ニキビと思春期ニキビができる場所や位置とその特徴をご紹介します。
注目の保湿成分
洗顔で汚れが取れた肌は、皮脂や自然の保湿剤(NMF)、セラミドが少なくなり、角質の中の水分が蒸発しやすい状態になっています。 そのままにしておくと、どんどん乾燥して小ジワができてしまうので、化粧水や美容液で保湿してあげなくてはなりません。 その保湿成分にはどのようなものがあるのか、みていきましょう!