トコフェロール(ビタミンE)

ビタミンEはトコフェロールとも呼ばれ、脂質の抗酸化作用のある成分として注目を集めています。

 

食品に含まれる栄養素としてはビタミンE、化粧品の成分名としてはトコフェロールという名称が用いられるのが一般的です。

 

ビタミンEがどのようにニキビ予防効果を発揮するのか?

 

トコフェロールが有効と言われているのはなぜなのか?

 

など、炎症を抑えるために役だつ、トコフェロールコスメの有効性について解説していきます。

トコフェロールの抗酸化作用で肌を守ろう!

ニキビの炎症が拡大する原因に、活性酸素の存在が挙げられますが、トコフェロールは、この活性酸素を除去する作用を持っています。

 

ビタミンCやリコピンなどにも活性酸素を除去する効果があるのですが、これは全ての物質が同じ作用を持っているわけではありません。

 

活性酸素には複数の種類が存在し、広い意味では9種類に分けられます。

 

中でも酸化力が強く、老化や炎症を促進しやすいといわれるヒドロキシルラジカルを除去するためには、トコフェロールが効果的なんです。

 

ニキビのみならずエイジングスキンケアを考える上でも欠かせない成分と言われている所以です。

抗炎症作用で赤みを抑えよう!

トコフェロールには抗炎症作用が認められており、炎症によって生じた赤みを抑える効果もあります。

 

赤ニキビが治った後、赤みが取れないケースがありますが、これは肌の奥に炎症が残っているためです。

 

トコフェロール配合コスメを用いることで、炎症を鎮め、赤みを除去できるんです。

 

しかも、ニキビに限らず、あらゆる炎症に効果を発揮するので、紫外線ダメージ、ちょっとした肌荒れなどを含めたトータルケアにも利用できます。

 

だから日常ケアのベースとして、トコフェロールを配合した化粧品を用いることは非常に理にかなった選択と言えるんです。

トコフェロール配合コスメの選び方

トコフェロールは化粧品の成分として、今では非常に一般的であるため、本当に有効なコスメを選択するのが難しくなっています。

 

しかし、これについては見分け方があるので問題ありません♪

 

化粧品の成分表示は配合している分量の順に並んでいるため、成分表示の上の方に表記されていれば、その製品の主成分であると考えて間違いありません。

 

また、本体は脂溶性ビタミンであるビタミンEを、水溶性に変化させたビタミンE誘導体(トコフェリルリン酸Na)を配合した製品であれば、より高い浸透力を持っているため、さらに効果は高くなることが予想されます。

まとめ

トコフェロールは炎症の原因となる活性酸素を除去する作用を持つ

 

トコフェロールは炎症を伴う赤ニキビの予防に効果を発揮

 

ニキビが治った後に赤みが引かない場合は、肌の深部に炎症が残っているケースが多く、トコフェロールの抗炎症作用によって赤みの除去できる

 

炎症全般を抑える効果から、紫外線ダメージのケアなどを含めたトータルスキンケアに利用できる強みもある

ニキビに効果〜おすすめ化粧品一覧

トコフェロール(ビタミンE) 〜ニキビケア化粧品の成分関連ページ

フラーレン
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
イソフラボン
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
ビタミンC誘導体
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
パントテン酸(ビタミンB)
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
イソプロピルメチルフェノール
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
グリチルリチン酸
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
サリチル酸
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪