サリチル酸

サリチル酸は、ピーリング効果があることから、角質溶解剤として広く使われている成分です。

 

顔にきび、背中にきびの改善に用いられているサリチル酸は、サリチル酸ワセリンという名でも広く知られています。

 

ニキビに対してどのような効果があるのか?

 

副作用など注意するべき点とは?

 

など、サリチル酸の効果について説明していきます。

サリチル酸って?

サリチル酸というのは、角質を溶かす働きを持つ成分です。

 

かかと部分の皮が肥厚した場合、あるいはイボ治療にも用いられます。

 

ニキビ治療においても、古い角質を溶解して柔軟化し、角栓を除去するのを助ける効果が期待されています。

 

また、防腐作用があることから、アクネ菌の繁殖を防止する力もあり、多くのニキビケアコスメに配合されています。

 

実際、ニキビケア製品で有名なプロアクティブなどにも、サリチル酸が配合されています。

ピーリングにも用いられている

サリチル酸はフルーツ酸と並んで、ケミカルピーリングに用いられる薬品として非常にメジャーですね。

 

古い角質を除去し、ターンオーバーによって新しい角質が生成されるのを助けます。

 

しかし、肌本来のバリア機能は角質層のセラミド、天然保湿因子よって維持されていますから、ピーリング後の肌は一時的にバリア機能が破綻して非常に弱い状態になってしまうという問題があります。

 

特にバリア機能の弱い敏感肌の方は、かえってニキビの多発を招く恐れもあるのです。

根本治療としては期待できないのでは?

サリチル酸は、上記のように、発生したニキビをケアする作用があるんですが、ニキビの根本治療として考えた場合には不適な面があると言わざるを得ません。

 

角質が剥がれてバリア機能を失った肌は保湿能力がほとんどゼロになってしまい、大人ニキビをはじめ、乾燥から生じる様々なトラブルを抱えてしまうことになりがちだからです。

 

かえって将来的なニキビリスクを増やしかねないサリチル酸を、コスメとして用いることには一定の注意が必要です。

まとめ

サリチル酸はあくまでも対症療法としての効果しか期待できない

 

一時的に肌バリアを低下させることから、注意が必要

 

将来的なニキビ発生率を向上させてしまう恐れもあるのが問題

 

思春期ニキビとしての効果は見込める点はありますが、大人ニキビの人のスキンケア化粧品の成分としては、独自判断で用いるのには向きませんね。

 

 

 

 

ニキビケア化粧品の有効成分 【 まとめ 】

ニキビケア化粧品に含まれている有効成分には、多様な種類が存在していますが、その作用や効果は1つひとつ異なっています。

 

予防と緩和のどちらを重視するのか?

 

主に悩んでいる症状は何か?

 

といった、1人1人の状況によって、用いるべき配合成分化粧品は変わってきます。

 

まずは、自分の症状にもっとも適した成分がどれなのかを以上から確認して、使用する化粧品を選ぶことが大切です!

ニキビに効果〜おすすめ化粧品一覧

サリチル酸 〜ニキビケア化粧品の成分関連ページ

フラーレン
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
イソフラボン
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
ビタミンC誘導体
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
パントテン酸(ビタミンB)
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
トコフェロール(ビタミンE)
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
イソプロピルメチルフェノール
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
グリチルリチン酸
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪