パントテン酸(ビタミンB)

ビタミンBの一種であるパントテン酸は、肌のターンオーバーに関連する成分として注目を集めています。

 

ニキビを予防するためには、ターンオーバーを正常化することは最優先ですよね。

 

ニキビ予防に効果的とされる成分、パントテン酸(ビタミンB)は、ニキビの出来にくい健康肌を取り戻すと同時に、ニキビ跡への色素沈着を予防する効果も期待できるのです。

 

パントテン酸がどのようにニキビ予防効果を発揮するのか?

 

また、ニキビ跡にパントテン酸が有効と言われているのはなぜか?

 

など、解説していきましょう。

 

また、ビタミンB群の1つであり、パントテン酸と同時に塗布することで高い効果を発揮する『ナイアシンアミド』についても合わせて解説していきますね。

パントテン酸って?

パントテン酸とは、ビタミンB群の一種であり、多くの食品に一般的に含まれています。

 

昔はビタミンB5とも呼ばれていました。

 

そもそも“パントテン”という言葉自体、ギリシア語の“どこにでもある・ありふれた”という単語に由来しており、先進国の住民であれば、まず食事からの摂取量が不足するということはないでしょう。

 

ただ、残念なことに、食事から摂取したパントテン酸は必ずしも皮膚機能に回されるとは限りません。

 

むしろ、ニキビケアなどの美容面を考えるにあたっては、化粧品として外部から肌に与えることが重要になってくるのです。

パントテン酸が肌に与える効果とは?

パントテン酸をはじめとするビタミンB群は、肌のターンオーバーをつかさどり、肌細胞の生成に関与してきます。

 

ビタミンB群が不足していると、保湿機能が劣る、未熟な肌細胞しか生まれず、トラブル肌を招きます。

 

さらに、パントテン酸などのビタミンB群は、肌本来のバリア機能を維持するためのセラミド、脂肪酸といった細胞間脂質を増加させる作用も持っているので、外部刺激に強い健康的な肌を作り出すのに欠かせません。

 

このように、ビタミンB群はニキビが出来にくい健康な肌を生成するための重要成分の1つなのです。

パントテン酸とナイアシンアミド

ビタミンB群の中でも、特にニキビ予防に重要で、しかも肌に塗ることで高い効果を期待できるのが、パントテン酸(ビタミンB5)とナイアシンアミド(ビタミンB3)の2種類です。

 

特に、ニキビ跡への色素沈着を予防したい場合は、ターンオーバー正常化を促進することでメラニンの排出を促すことが可能なので、ぜひビタミンBを含有した化粧品を試してみてください。

 

また、ニキビに限らず、肌荒れ全般の予防、緩和にも効果が期待できますので、日常のトータルスキンケアとして利用するのもオススメです。

まとめ

パントテン酸は食事からの摂取量が不足するということが少ないために軽視されがち

 

食事から摂取したパントテン酸は必ずしも皮膚機能に回されない

 

パントテン酸は肌のターンオーバーに強く関与する栄養素の1つなので、ピンポイントに化粧品として肌に与えてあげることが重要

 

同じくビタミンB群の一種であるナイアシンアミドについてもニキビケア化粧品の有効成分として非常に重要

 

パントテン酸(ビタミンB5)とナイアシンアミド(ビタミンB3)のビタミンBを配合した化粧品を選ぶことが、ニキビ予防のコツですね♪

ニキビに効果〜おすすめ化粧品一覧

パントテン酸(ビタミンB) 〜ニキビケア化粧品の成分関連ページ

フラーレン
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
イソフラボン
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
ビタミンC誘導体
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
トコフェロール(ビタミンE)
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
イソプロピルメチルフェノール
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
グリチルリチン酸
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
サリチル酸
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪