イソフラボン

ニキビの根本原因の、大きな要因の一つである、ホルモンバランスの乱れですが、これは男性ホルモン過多の状態が続くと、毛穴の収縮が起こり、角栓による詰まりが生じやすくなるためというのが原因です。

 

さらに、男性ホルモンには皮脂の過剰分泌を促進する作用もあるので、ニキビを悪化させ、アクネ菌の増殖をもたらしてしまいます。

 

そんなニキビの根本原因を取り除くために、女性ホルモン優位の状態を作り出す成分、イソフラボンの有効性が知られるようになりました。

 

 

市販されている多くのニキビケア化粧品は、現在起こっている”炎症を鎮める”といった対症療法が一般的です。

 

しかし、イソフラボンを配合した化粧品であれば、ニキビの根本原因を取り除くことも可能です。

 

こちらでは、ニキビが出来にくい健康肌を取り戻すための根本的ケアを可能にする成分、イソフラボンの効果を解説していきます。

ニキビの根本原因はホルモンバランスの乱れです!

一般的に、皮脂がニキビの原因と言われることが多いですが、それはあくまでも思春期ニキビの場合のことを指します。

 

大人ニキビの根本原因は、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモン過剰な状態に陥ってしまうことが大きいのです。

 

男性ホルモンは角質層の柔軟性を失わせ、毛穴を収縮させることで、角栓が詰まりやすい状態を作ってしまいます。

 

その上、肌バリア機能の低下、角質層の乾燥を招き、角栓が発生することを誘発します。

 

要するに“角栓が生じて毛穴が詰まる”というニキビの発生メカニズムは、男性ホルモンが過剰となるホルモンバランスの乱れによって生じているのです。

イソフラボン=女性ホルモン!?

通常、女性ホルモンそのものを増加させることは出来ません。

 

そこで、イソフラボンの分子構造が女性ホルモンであるエストロゲンに”酷似している”ということに注目が集まりました。

 

イソフラボンは構造だけでなく、その働きにおいても、女性ホルモンと同じだったのです。

 

そのため、ニキビが多発している部位にイソフラボンを配合した化粧品を使うと、女性ホルモン優位の状態へ移行します。

 

そして毛穴の収縮による角栓詰まりが起こりにくくなるわけです。

保湿効果&アンチエイジング効果も!

さらにイソフラボンには、肌のターンオーバーを促進して、新しい皮膚細胞の産生を助ける効果があることも知られています。

 

その上、保湿成分であるヒアルロン酸、コラーゲンの生成を促進し、結果的に角質内の水分量を増加させる保水作用も存在します。

 

ニキビをはじめとする肌トラブル全般において、高い効果を発揮するため、ニキビ予防と同時に、しわ、しみ、タルミといった悩みまで解消してくれます。

 

まさに、日常のスキンケアにおいて、強力な存在と考えて間違いありませんね♪

 

日々のケアにイソフラボンを取り入れ、若々しく美しい肌の維持に努めたいですね。

まとめ

ニキビの根本原因 = ホルモンバランスの乱れによる男性ホルモンの増加

 

イソフラボン = 女性ホルモンと同じ働きをする

 

イソフラボン配合化粧品により、ニキビの根本ケアが可能

 

イソフラボんには、保湿効果&アンチエイジング効果もアリ

 

 

※ただし、イソフラボンには一般に豆乳イソフラボンなどと呼ばれる”大豆由来”と、ヒオウギという植物から取れる”ヒオウギ由来”の2種類が存在するので注意が必要。

 

基本的に、塗るならヒオウギ由来、サプリメントなどの経口摂取なら大豆由来を選ぶのが効果的です。

ニキビに効果〜おすすめ化粧品一覧

イソフラボン 〜ニキビケア化粧品の成分関連ページ

フラーレン
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
ビタミンC誘導体
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
パントテン酸(ビタミンB)
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
トコフェロール(ビタミンE)
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
イソプロピルメチルフェノール
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
グリチルリチン酸
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
サリチル酸
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪