フラーレン

大人ニキビというのは、肌バリア機能の低下によって発生します。

 

バリア機能が弱り、角質層の乾燥が促進され、角栓が発生しやすくなるためです。

 

そこで、角質内の保湿成分を回復させ、バリア機能の向上を助けるフラーレンがニキビケアの主要成分として注目を集めています。

 

それでは、ナノテクノロジーの成果として誕生した有効成分、フラーレンの効果と、ニキビ改善のメカニズムについて解説していきます。

 

ニキビの赤みを消す!ニキビ跡のシミまで消える!・・・など

 

そんなニキビケアの救世主、フラーレンの効果についてまとめました。

肌本来のバリア機能を回復する効果

フラーレンというのは炭素分子から構成される物質で、ダイヤモンドの同素体にあたる物質です。

 

ナノテクノロジーによって生成され、広く化粧品などに用いられるようになってきました。

 

フラーレンには、肌本来のバリア機能を回復する効果があります!

 

フラーレンには肌内部に存在する保湿成分であるアミノ酸、グリセリン、ヒアルロン酸を回復させる作用があるため、乾燥によるバリア機能の低下を未然に防ぐことが可能です。

 

さらに、肌バリアの機能を向上させるタンパク質の膜、CE(コーニファイドエンベロープ)の形成を助ける働きを持っているのです。

 

この作用により、ダイレクトにバリア機能の維持を促進し、ニキビなどの肌トラブルが起きにくい状態に持って行くことが可能になります。

抗酸化作用による、活性酸素の除去

赤ニキビが腫れたように炎症を起こす原因の1つには、活性酸素の存在があります。

 

活性酸素は炎症、アレルギー反応を促進するため、悪玉アクネ菌の増殖によって生じた炎症を拡大させてしまうわけです。

 

つまり、この活性酸素を除去することができれば、炎症の拡大を止めることにつながるのです。

 

フラーレンには活性酸素を取り除く抗酸化作用があるため、炎症が悪化するのを抑制することが可能です。

 

炎症が大きく拡大しなければ、ニキビ跡が残る心配はありません。

 

なので、ニキビを”キレイに治したい”という要望に応える成分として、フラーレンには大きな期待がされています。

美白効果による、ニキビ跡の色素沈着も改善してくれる

フラーレンは、今出来ているニキビにだけ効果をもたらすのではありません。

 

膿んでしまったニキビの跡に、メラニンが沈着してシミのようになってしまうケースはよくありますが、フラーレンにはニキビ跡の色素沈着を改善する効果も認められています。

 

メラニンの生成を抑える作用により、色素沈着が起こりにくくする上、新しくメラニンが作られるのを防ぐことで、徐々にシミが薄くなっていくのを助ける効果があるのです!

 

しかも、毛穴の開きを抑えたり、皮脂の酸化を抑えて毛穴の黒ずみを予防したりと、美容的な効果もあります!

まとめ

肌バリアの回復をサポート

 

抗酸化作用で炎症の拡大を抑制

 

ニキビ跡への色素沈着を防ぐ効果

 

化粧品への配合が認められている成分の中でも、あらゆる段階のニキビに対応できるオールマイティな存在であり、ニキビケアの救世主です。

 

日常におけるニキビケアの第1選択選手ですね♪

 

化粧品によるニキビケアを考える時に、まずはフラーレン配合コスメを試すのがオススメです。

ニキビに効果〜おすすめ化粧品一覧

フラーレン 〜ニキビケア化粧品の成分関連ページ

イソフラボン
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
ビタミンC誘導体
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
パントテン酸(ビタミンB)
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
トコフェロール(ビタミンE)
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
イソプロピルメチルフェノール
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
グリチルリチン酸
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
サリチル酸
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪