ビタミンC誘導体

様々な肌トラブルを解消する美容成分として知られる「ビタミンC」は、ニキビにも大きな効果を発揮してくれます。

 

美白作用、抗酸化作用などを持っており、美肌成分の代表格として知られるビタミンC♪

 

そんなビタミンCですが、実は非常に不安定な成分であり、そのままの形で化粧品に添加しても効果は薄いと言われています。

 

不安定なビタミンCの可能性を最大限に活用するために生み出されたのが、ビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体の選び方に加え「なぜ誘導体にすると高い効果が認められるのか?」といったメカニズム部分までを解析していきます。

ビタミンCがニキビを改善するメカニズムとは?

ビタミンCがニキビ改善にもたらす効果は大きく分けて2つあります。

 

 

@炎症を促進する活性酸素を除去する抗酸化作用

 

ニキビによる炎症は、毛穴に溜まった皮脂をエサに増殖する、アクネ菌によって引き起こされます。

 

その炎症を拡大する要因には活性酸素が大きな役割を担っているのです。

 

 

A色素沈着の防止

 

炎症が発生すると、外部刺激から保護しようとメラニン色素が生成されてしまいます。

 

ビタミンCはメラニン色素の過剰生成や沈着を抑える効果があります。

 

そのため、ニキビ跡にメラニン色素が残り、シミになってしまうのを防ぐ作用があるのです。

ビタミンCはそのままでは、なぜ効果が薄いの?

 

ニキビの炎症抑制、色素沈着予防に絶大な効果を発揮するビタミンCですが、残念ながら大きな弱点を持っています。

 

その弱点のため、化粧品に配合してもほとんど効果を発揮できないケースが多いのです。

 

それは、ビタミンC自体が非常に不安定で、水に溶かすと活性がなくなる上に、空気に触れるとすぐに酸化されてしまう、ということです。

 

その上、ビタミンCは肌に塗ってもほとんど内部に浸透しないのです。

 

どんなに効果があっても、これでは使い物になりませんね。

 

とても化粧品としての十分な効果を期待することはできません。

ビタミンC誘導体はスキンケアの救世主!?

弱点を克服し効果を最大限に引き出す方法として、L-アスコルビン酸をリン酸と結合させた、水溶性ビタミンC誘導体の活用があります。

 

水に溶かしても活性を失わず、簡単には酸化されないだけの安定性を有したビタミンC♪

 

ただ、皮脂分泌を過剰に抑える側面があり、乾燥肌の原因などといった、欠点も併せ持っている点に注意が必要です。

 

もう1つが、親油性ビタミンC誘導体です。

 

これはL-アスコルビン酸を油分と結合し、角質層内部までしっかりと浸透する性質を持ったビタミンCです。

 

即効性は水溶性に劣るものの、浸透力が高いため、メラニン生成を抑える効果が高いのが特徴となります。

両性ビタミンC誘導体は、あらゆる問題をクリアする!

水溶性、親油性ともは長所がありつつ、短所もあるのですが、最近では両方のメリットを併せ持った「両性ビタミンC」が登場しています!

 

これはアスコルビン酸2リン酸6パルチミン酸(APPS)という物質で、油分にも水分にも馴染むのが特徴です。

 

水溶性ビタミンC誘導体の100倍に総統する浸透力を持ち、表皮より奥の真皮層まで到達、コラーゲンの合成を助けて肌を美しく健康な状態に導きます。

 

しかも、低刺激で、肌を乾燥させるリスクもなく、どんな肌質の方でも問題なく使用可能なんです!

 

ビタミンC誘導体を含む化粧品をお探しなら、この両性ビタミンC誘導体を配合した製品がオススメです。

まとめ

ビタミンCは非常に不安定で、水に溶かすと活性なくなり、空気に触れるとすぐに酸化されてしまう

 

ビタミンC誘導体は、それらを解消し、炎症を抑える効果、色素沈着を防ぐ効果など、ニキビ改善に大きなメリットをもたらす

 

両性ビタミンC誘導体は、肌への浸透力が高く、コラーゲンの産生を促進して肌質を改善する

 

両性ビタミンC誘導体配合化粧品なら、ニキビを含めたトータルケアに用いる化粧品として優れた効果を発揮することでしょう♪

 

美白とニキビケアを同時に行えることもあり、ぜひとも日常ケアに取り入れたい成分の1つです。

ニキビに効果〜おすすめ化粧品一覧

ビタミンC誘導体 〜ニキビケア化粧品の成分関連ページ

フラーレン
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
イソフラボン
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
パントテン酸(ビタミンB)
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
トコフェロール(ビタミンE)
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
イソプロピルメチルフェノール
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
グリチルリチン酸
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪
サリチル酸
ニキビケア化粧品って、たくさんありますよね。たくさんある化粧品の違いは何でしょうか?どれを選べばいいのでしょうか?一番わかりやすいのが配合成分を見る事です!ここでは、フラーレン、イソフラボン、ビタミンC誘導体、パントテン酸(ビタミンB)、トコフェロール(ビタミンE)、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、サリチル酸について解説します。成分を理解して、どの成分がどのぐらい入っているのかによって、自分に合った化粧品を見つけましょう♪